歴史ある和の音楽

和太鼓

和太鼓はいつの時代から存在していたのか

和太鼓は日本伝統の音楽を演奏する際に欠かせない楽器です。歌舞伎や能楽を見に行った場合、和太鼓の音色を聞く事ができます。和太鼓の発祥は縄文時代の昔に遡る事ができると言われていますから、古代から私達日本人にとって身近な楽器であった事が分かります。学校のイベントや地方自治体のイベントで和太鼓が必要になる機会は多様に存在しています。例えば日本伝統の劇を催したり、古くから存在している雛祭りを祝う場合、和太鼓演奏家達を呼んでその場の雰囲気を作り上げるようにしましょう。縄文の昔から続く日本の雰囲気を作り出せる事は間違いありません。こうした演奏グループは、近年インターネット上にホームページを開いていますので、探してみましょう。

演奏会は沢山開催されている

一昔前の「音楽」と言えば、洋楽が最もハイセンスでメジャーなものでした。一方洋楽も頭打ちになっている現在では、新しい芸術を切り開くために、日本伝統の音楽を研究している音楽家達も少なくありません。特に日本国内で日本人に受ける音楽を作っていこうとした場合、民族の本能を揺さぶる「音」を発見する必要があるのです。そうした場合、和太鼓の演奏から学ぶ事は多様に存在しています。今後、和太鼓と組み合わせた最先端の音楽を形成していく音楽家達も続々登場するようになるでしょう。その時初めて、西洋の模倣ではなく、日本独自の演奏と言うものが生まれるようになるのです。また、現在も和太鼓演奏グループは日本各地で講演を行なっています。ぜひ友達やご家族を誘って聞きに行くようにしましょう。